シトルリン

スーパーアミノ酸"シトルリン"とは

シトルリン は日本において当初は「医薬品」として扱われていました。

2007年に厚生労働省の食薬区分改正により、「食品原材料」となり、サプリメントにも使用できるようになりました。

ボディビルダーには摂取後の筋肉のパンプアップや筋力向上は、あのアルギニンをも上回る効果が期待できるものとして好んで利用されています。

ただし最近は筋トレだけでなく、滋養強壮としての使い方でも好まれるようになりました。

ただ割と新しいサプリメントなので日本ではそれほど人気がありません。

そこでここでは、そんなシトルリンの効果について紹介していきます。

よく比較の対象となる「アルギニン」との違いも併せて説明していきます。

遊離アミノ酸シトルリン

シトルリンは尿素回路を構成しているアミノ酸の一種です。

アミノ酸と呼ばれてますが、たんぱく質の合成に使用されず、遊離した状態で、血液や細胞の中に存在します。

そのため、「必須アミノ酸」「非必須アミノ酸」のどちらにも分類されません。

シトルリンはスイカより発見された

シトルリンは1930年に日本人によって、スイカから発見されました。

シトルリンという名前は、スイカの学術名「Citrullus vulgaris」から由来するものです。

スイカの他にはメロン、キュウリ、ゴーヤなど、ウリ科の植物に豊富に含まれています。

ただシトルリン100mgを摂取するのにキュウリ約10本程度食べる必要があるので効果ある量を食物から直接摂取することは効率的ではありません。

そのため、摂取はサプリメントからが基本です。

シトルリンの効果その1

シトルリンを摂取することで私達の体内では「一酸化窒素(NO)」が発生されやすくなります。

血管内で一酸化窒素の生成量が増えると、血管が拡張され、血圧を上げることなく血流を増やすことができるのです。

その結果として、シトルリンによるペニスのサイズアップ効果も期待できるのです。

また一酸化窒素(NO)による血管の拡張は、運動パフォーマンスも向上させます。

筋トレでは、レップ数や最大重量の増加が期待できます。

即効性のあるシトルリン

サプリメントの効果は通常効果が分かりづらいものが多いですが、シトルリンは即効性があるため、摂取したその日から効果を実感できます。(ただしペニス増大に直接つながるという意味ではありません。)

シトルリンの効果その2

シトルリンには、ヒト成長ホルモン(hGH)の分泌を低下させる「ソマトスタチン」の働きを阻害する効果があります。

そのため脳下垂体前葉からヒト成長ホルモン(hGH)の分泌が促進されます。

ヒト成長ホルモン(hGH)には傷ついた筋繊維の修復や体の成長を促進する作用もあります。

成長期の子どもへの摂取で身長が伸びるという原理もこれです。

ペニスの増大にもわずかながら成長を期待することもできそうです。

シトルリンとアルギニンの関係

シトルリン、アルギニン、オルニチンは尿素回路を形成しています。

尿素回路とは体内で発生する有害なアンモニアを尿素にまで分解するシステムのことです。

この回路では、次の順に変換が起こります。


オルニチン→シトルリン→アルギニン→オルニチン


つまり、シトルリンはアルギニンに変換され、アルギニンはオルニチンを挟んで、シトルリンに変換されるのです。

ですからシトルリン、アルギニン、オルニチンの3つのアミノ酸は基本的に同じ効果があります。

尿素回路の中で、シトルリン→アルギニンの部分を「一酸化窒素(NO)サイクル」と呼びます。

この2つのアミノ酸の段階で一酸化窒素(NO)が生成されます。

前述したように一酸化窒素(NO)は血管拡張作用があり血流を増加させる効果があります。

これにより運動パフォーマンスを向上させたり、疲労を軽減する効果が期待できます。

シトルリンとアルギニンの違い

シトルリンとアルギニンの大きな違いは吸収率が違うことです。

シトルリンはアルギニンよりも吸収率が約20%も高く、血中のアルギニン濃度を効率よく高めることができます。

日本ではアルギニンの方が認知されていますがサプリメント先進国のアメリカではシトルリンは「スーパーアルギニン」と呼ばれ人気があります。

またアルギニンは強アルカリ性のためそのまま飲むと、お腹を下してしまうことがあります。

そのためクエン酸などで中和させて飲む方法が推奨されています。 ちなみにシトルリンは中性です。

シトルリンの効果的な飲み方


・何で飲むか:シトルリンは中性の性質を持つため、アルギニンのように中和する必要はありません。

ジュースやお茶など、何で飲んでも構いませんが吸収率を高めるためには基本的に水で飲むのが良いでしょう。

・何と飲むか:同じオルニチン回路であるアルギニン、オルニチンと同時摂取することで吸収率を著しく向上させることができます。

・どれ位飲むか:シトルリンはアルギニンと同じく、過剰摂取によって肝機能や腎機能に悪影響があります。

個人差はあるものの、成人では、1日20g(20,000mg)以上の継続摂取で過剰摂取の兆候が出るといわれます。

サプリメントとして摂取する場合、1日の摂取基準は、5g~9g(5,000㎎~9,000㎎)の間に収めるのが一般的です。

ただし、アレルギから通常の増大サプリではかなりの量を継続摂取しないと副作用はありません。

ただし気管支系の疾患、肝硬変を患っている人ですでに何らかの薬を服用している人は、医師に相談して摂取するのが安全です。

・いつ飲むか:シトルリンは摂取後約30分でアルギニンの血中濃度が最大になり、そこから緩やかにもとのレベルまで戻ります。

そのため、トレーニング中に効果のピークを迎えるためには、トレーニングの約60分前に摂取するといいと言われます。

さいごに

シトルリンの吸収率は約60%ですがアルギニンとの同時摂取で、身体への吸収率が約90%まで上がります。

そのためシトルリン単品ではなく、アルギニン同時配合の増大サプリメントがおすすめです。

おすすめのサプリ

マキシリン

マキシリン

業界トップクラスの180種類以上の成分を配合しています!発売されて間もないですが年齢を問わず支持されています。増大だけでなく年齢に対する衰えを感じている、若い頃のパワフルさを取り戻したいという方にはピッタリのサプリです。

\厳選した成分180種類以上配合/


ヴォルスタービヨンド

Volstar-Beyond(ヴォルスタービヨンド)

2017年発売のヴォルスタービヨンド。シトルリン・アルギニン・亜鉛の黄金トリオに加えて特許成分のジオパワー15,バイオペリンが配合されていて話題の増大サプリです。この類のサプリメントに珍しく返金保証が期間限定でついています。成分は万人向けで一度は試してみる価値のあるサプリです。

\セックスの悩み、嘘のようになくなります!/


グライバル

グライバル

こちらも新興サプリです。最近流行りの種類ごとに錠剤が別れるタイプです。ただ素材は厳選しており希少成分60種類が選ばれています。今までの増大サプリで効果が得られなかった人に是非試して欲しいサプリです。ここ最近の人気の伸びは一番かもしれません。


\男の悩みを完全サポート!/